xml-rpc の勉強 その1

by oganosin. 0 Comments

最近、仕事でxml-rpcを使うことが多いのでログをまとめておく。
まずは基本、xml-rpcで記事の一覧を取得。とってきたデータはDumpすれば何が入っているかわかるよね。
コメントアウトしている部分は必要があれば適宜コメントアウトするなりしてデバッグすべし。
ちなみに公開できる部分だけ抜き出しているので、このソースはあくまでも雛型です。

#!/usr/bin/perl

use strict;
use warnings;
use Encode;
use XMLRPC::Lite;
#use XMLRPC::Lite trace => 'debug' ;
use Data::Dumper;
use vars qw($interface $username $passwd $target $postscnt);

BEGIN {
	$interface = 'http://www.example.com/blog/xmlrpc.php';
	$username  = 'xxxxx';
	$passwd    = 'xxxxx';
	$postscnt  = 100;
}

my $rpc = XMLRPC::Lite->new();
$rpc->proxy($interface);
#$rpc->authorization_basic('id', 'pwd');
my $res = $rpc->call("metaWeblog.getRecentPosts",
	1,      # blog ID
	$username,
	$passwd,
	$postscnt,
)->result;
print Dumper $res;
exit 1;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です